経営計画とBCP

コロナウイルスにおける業績への影響が避けられない中で、事務所としても皆様の事業継続へ向けた支援を強化していきます。終息が見えない中での資金繰りへの不安、売上が大幅にダウンした時の影響、どこまで持ちこたえられるのか?など経営者の皆様がかかる問題に経営計画策定の支援を行っていきます。現状の把握と今後一年間の資金繰り等短期経営計画に的を絞って月次での貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書をシミュレーションし、対応策を共に考えていくことになります。

また、中小企業では導入が遅れている災害時における事業の継続計画(BCP)も作成するきっかけにもなると思います。災害が発生した時に、会社がとるべき行動、確認事項、事業再開に向けた計画、それらを踏まえて現状不足しているものの調達(税制上の優遇あり)が主な計画です。決してきれいな計画書でなくても問題ありません。BCPの大事な点は、いかに従業員にこの計画(行動)を浸透させるかです。

上記2つの支援を、当事務所でも行っていきますので、ご相談ください。